佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

故丸山隆先生の回顧展。

b0351386_09163137.jpg
亡くなって15年。生きていらっしゃったら、札幌の街はもっと立体的に彫刻が舞う街になっていたかもしれない。
明日から彫刻美術館で回顧展が始まります。
ご興味のある方、多くの方々に足を運んでいただければうれしいな。
北のイラスト舎 佐々木小世里


# by koyopab | 2017-10-06 09:20

道新文化センター東急教室の作品展開催中です。

b0351386_12343584.jpg
撮影NGですが、こそっと撮ってしまいました。
道新文化センターの東急教室は札幌東急百貨店のレストランフロアの10階にあります。
4月に「初心者からのペンと透明水彩のスケッチ」がスタートし半年になりますが
生徒さんの上手さに舌を巻いています。
すでに教える側の上をいってしまい、どうしたものかな〜?と思いますが
能力が花開くところを垣間見られることが多くてうれしい悲鳴でもあるのです♡
27日水曜日まで10階のエスカレーター横に小さな展示スペースがあります。
おでかけのついでがありましたら立ち寄っていただけるとうれしいです。
こちらは年内は定員となっています。



# by koyopab | 2017-09-24 12:47

道新文化センター「カラインクで描くポストカード」に空きができました。

b0351386_09185483.jpg
10月からのクラスに空きができました。
ご興味のある方がいらっしゃいましたら
一緒にカラーインクを楽しみませんか?
お問い合わせは道新文化センターまで。
道新文化センター


# by koyopab | 2017-09-23 09:21

物事の明るい面が見られなくて。

b0351386_10583664.jpg
穴がぽっかりあいて、無いものばかりを探してしまう。
なにか書こうとするといじけた気持ちばかりをつらねてしまいそうで怖い。
「あいたところには、また新しいものがくるわよ」
そんな言葉に救われて、少しづつ自分を取り戻そうとしています。


# by koyopab | 2017-09-19 11:01

どうしん電子版のコラムがアップされています。

現代美術は難しい!どうも取っ付きにくい。
それならば、どんだけわからないか確認するのもおもしろい!
そんな気持ちで札幌国際芸術祭を見て回り、少し気づいたことを書きました。
facebookページからリンクしています。
よろしかったら覗いてみて下さいね。
北のイラスト舎 佐々木小世里


# by koyopab | 2017-09-11 15:07

明日から9月。

b0351386_11043207.jpg
ゆっくり秋に向かっていますね。
台風の進路があやしいのが気がかりですが、今日のような心地よい日が多い9月だといいな。
本を出してもらって、大切なわんことお別れして
忘れられない夏になった。
来年も、その次の年も、この夏と比べていくんだろうな。


# by koyopab | 2017-08-31 11:16

外見は変わらないのだけれど。。

b0351386_09071814.jpg
「シゼントトモニイキルコト」の夏野菜セットをネットから取り寄せた。
去年は翡翠色のオクラのおいしさに驚いた。皮も柔らかくってね。
今年は「ズッキーニって味があるんだ」と再確認。
そして、なんといっても丸ナスが二重丸!!
たまたま、数日前にほかで買い求めた丸ナスがあり、食べ比べができた。
見た目は同じなのに、こんなに味の違いがわかるものなんだと驚いたよ。
種の遺伝子と環境。
どんな風に育てるか。太陽と風と土のちから。
うちのワンコが「へたれ」だったのも、小心者夫婦の影響だったんだろうな。
昨日は初めての月命日だった。
時の重なりにひとつずつ置き石をおくようにして、こころにゆっくり区切りをつけていく。
仏教徒でもないのに、そんなもんなんだね〜。




# by koyopab | 2017-08-23 09:46

愛読者カードをありがとうございます!

b0351386_11333173.jpg
本を買うと挟まっている紙切れ。
この本よかったな〜。そう思っても今まで一度かこのはがきにメッセージを書き込んでポストに入れようと思ったことがあったかしら?
なかなかそこまでのアクションはハードルが高い。
言葉を送るというのは、思った以上に難しいし、さて、出版社の人が読むんだと思うと身構えてしまう。
そんな、ちょっとめんどうなアクションをおこして下さる方が数人いらして
そのことがとてもうれしいこの頃です。
ほんとうにありがとうございます。

「アマゾン問題」というものがあるらしく
いつまでたってもAMAZONで新刊本が定価で販売されない状況です。
税込み1700円の本なのに、一番安くてもその倍の価格の物が売りに出されています。
その上、定価がどこにも記載されず、よもや3580円が定価と誤解されかねないかと心配。
ネットでのご購入は「北海道新聞社の本」からが安心です。(沖縄以外は送料もかかりません)
もちろん、道新を購読されている方でしたらもよりの販売店にお電話で注文下されば
自宅に届けてもらえますので、いろいろどうぞよろしくお願いします。
北海道新聞社の本





# by koyopab | 2017-08-20 12:40

どうしん電子版コラムがアップしています。

お時間ありましたら、覗いてみてくださいね。
北のイラスト舎 佐々木小世里

# by koyopab | 2017-08-16 16:38

道新折り込み情報誌「札歩路」でご紹介いただきました!

b0351386_09273196.jpg
b0351386_09273510.jpg
本の発売から早いもので一ヶ月が経とうとしています。
いえ、嘘をついてしまいました。
本の出版がず〜っと過去のことに感じてしまうこの頃です。
たくさんのお祝いのお花に囲まれ、出版を待っていましたとおっしゃってくださるかたの声を聞き
幸せ一杯の作品展も記憶の彼方へ。
なんて、もったいないんでしょう。
わんこの死。そのものはしっかり受け止められるのです。
たくさん楽しさをくれたことにも、しっかりと感謝できるんです。
決して、ペットロスで泣きじゃくってるような状況ではなく
でも、いてくれた日々が戻らないことがせつなくて、腹立たしくなるんです。
変わらないものなどなくて、毎日毎日、生を重ねて年をとっていくことは当然。
「今を大事にね」
散歩の途中で、パブをかわいがってくれた人が言いました。
「飼ってたんだけど、亡くなってしまって」
「もう飼わないんですか?」
「亡くすのはもういやなんで」
そんな会話をしました。
「もう飼わないんですか?」って、なんて言い方だったんだろうと思います。
命のことを軽く見ていたんですね。
10数年も一緒に暮らした仲間。どんなときも寄り添ってくれた命はまさに
「かけがえのないもの」
大事なものをなくしたり、傷つけられて、哀しみの底に流れる冷たいものを抱えながら生きている人がどんなに多いのか、少しだけ思いを馳せられるようになった気がします。

あれれ。せっかくの読者プレゼントの話がしんみりしてしまった。ごめんなさい。
なんと!5冊のプレゼント!道新読んでるおともだち〜!朝刊折り込みをチェックください〜〜!!


# by koyopab | 2017-08-10 09:44