佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

4名の空きができました!

b0351386_10104561.jpg
本当にぼやくのにも飽きるほど冷えきった2月もあとわずか。
まだまだ寒気は居続けるみたいですが
どんなにどんなに頑固でも春はやってきます!
日ざしがそうだよ。そうだよと微笑んでる気がしますよね〜。
なんとなく春色の服に目がいったり、なにか身体を動かすことを始めたいな〜なんて
ふわっと思ったりするこの頃。
人間も虫もわかるんですね。
寒そうに立っている桜の木も
閉ざした芽がすこしばかり丸みをおびてきたような気がします。
って、お教室に空きができましたので、それも4名も!なので
わたしたちと一緒にカラーインクを楽しみませんか?(女性限定)
そんな宣伝でした!
どうぞよろしくお願いします。




# by koyopab | 2018-02-22 10:24

どうしん電子版のコラムがアップされています。

昨年春にいただいたお仕事、どうしん電子版のコラムも11回目になりました。
以前に書いたかな〜?このコラムに声をかけてくださったのは
北海道新聞での初めての仕事のきっかけを下さった方なのです。
1993年のことですから、25年も前のこと。
ジェンダーフリー論を研究する瀬知山角先生と近藤和子さんのリレーエッセイの挿絵は
男性優位が常識だった古い価値観を覆す目からうろこの新しい風を感じるお話が続き
とても興味深く、読むだけでもとっても楽しかった!
ジェンダーって言葉もほとんど広まっていない時代で。
そうなんんだな〜。挿絵を描くのも初めてだったんだな。その時。
そんな出合いで、わたしのイラストレーター人生は繋がって
今、また、新しいことに取り組むきっかけをいただけているとは
ほんとうにありがたいこと!!
でもまだ正直、どこに向かっているのかわからない。
なにか、改めて自分探しをしているような気もします。

今回のコラムは「観劇で知る、津軽藩士の悲劇」です。facebookページでリンクしています。
北のイラスト舎 佐々木小世里


# by koyopab | 2018-02-20 09:09

寒さの底を感じながら。


b0351386_10501191.jpg

今日は、明日から始まる道新文化センター「かるちゃー祭」の搬入です。
年を挟んで、生徒さんがお止めになったりお休みが続いて少しさみしい展示になるのかな?と
気を揉んでいますが、きっと素敵な壁面になるでしょう!!
お時間がある方、よろしかったら足を運んで下さいね。
生け花やちくちく羊毛フェルト、北島式ぬりえと油性色鉛筆画など8講座がご一緒です。
*会期は2/8(木)〜2/13(火)10:00〜19:00(13日は17:00まで)
*場所は道新ギャラリー(札幌市中央区大通西3丁目道新ビル1階)



# by koyopab | 2018-02-07 10:48

とにかく寒くて。。

b0351386_09510542.jpg
最低気温がマイナス10℃。
そんな日が続いています。長くても4〜5日で天候は変わるものとたかをくくっていたのが大間違い。
この気温の低さは1週間以上も続いている気がします。
今日は日中も氷点下なまま。こんなのが、金曜日まで続くみたいで、いやはやもう、うなだれるしかないです。
それでも、日ざしだけは明るく爽やかでなんとか希望をくれています。
寒い寒いと思っていたら、サニーサイドアップ!という言葉を思い出し、「目玉焼きオヤジ」が生まれました。
活躍はあまり期待できませんが、なにか始まりそうな予感がします。。。



# by koyopab | 2018-01-31 10:01

みどりが恋しいよ〜!

b0351386_10332501.jpg
雨があがる度にわさわさと生えてくる雑草が恋しいです。
草むしりしたいな〜。


# by koyopab | 2018-01-24 10:45

小さな人間。

b0351386_10300466.jpg
結局、早くも土日で挫折してしまった「1日1絵」。
そして週休2日にルール改定。どんどん自分に甘くなっています。
今日は人間の小ささを噛みしめる日です。
自然に対して無力なことはわかるけれど
AIが行き過ぎて、人間が生み出したものに呑まれてしまう脅威に立ち向かう日がくるのかもしれない。
SFみたい。と、思っていたことが現実になるかもしれない。
もう、便利はいいよ〜。と言いながら、何も手放せずにいる。
猿のままだったらよかったのかな〜?
北のイラスト舎 佐々木小世里


# by koyopab | 2018-01-17 10:47

2018年もどうぞよろしくお願いします。

b0351386_14465935.jpg
1週間、仕事部屋を開かずの扉のように無視して過ごしました。赤ちゃんみたいに、「いやいや」病。
仕事部屋に近づきたくなくって、寒いのを口実に居間でぬくぬく。だって、電気代かかるんだもの!ってね。
ようやく「いやいや」病から抜け出し、ラジオから流れる音楽も心地よく耳に入ってきます。
そうしたら、また「1日1絵」をやろうかな〜という気持ちになりました。
facebookページで再開します。
よろしかったら覗きにいらしてくださいね。
今年もどうぞよろしくお願いします。
北のイラスト舎 佐々木小世里



# by koyopab | 2018-01-08 14:55

今年もありがとうございました。

b0351386_11370118.jpg
へへへ、今年最後の1枚はこれ。
なんでしょう〜?これがわかる方はかなり頭がやわらかい!なんて、パンダ柄のおせんべいです。
いや〜ん、絵が下手過ぎ〜〜!とクレームがつきそうなイラストで締めくくりとは
わたしも年をとったもんだ。ほんとうにね、最近、ずうずうしいです。完全に行くところに来ちゃった感がありますよ。
ちゃんとDNAに書き込まれているのですね。おばちゃんは抗うことができないようです。
ほら、ほら、少しずつパンダに見えてきたでしょ?
って、強引なのもしかり。

いや〜それにしても12/31って特別な日ですね。
この日を締めくくれば、本当に明日から日が改まる感じがするんですもん。
いいことも悪いことも、やっちまったこともこっぱずかしかったことも
さ〜っと水に流しておくんなせい。いいんですよ、姐さん、すっかり忘れてしまいましょう〜!
とにかく今年も終わります。
4月に道新文化センター東急教室が始まり、初心者からのスケッチという講座を持ったことは本当に発見が多いものでした。
ちょっと一言のアドバイスだけで、生徒さんの絵がぐぐんと素敵になることにいつも驚かされ
集中力と根気に舌を巻いていました。
意外と、中学生以来まったく絵を描いていなかったという方にこそ眠っている潜在能力がたんまりとある気がして、これからもとても楽しみです。
そして、どうしん電子版では「週刊コラム」の書き手に加えていただきました。
まだまだ手探りですが、その時々の思いを綴っています。
今、会員でない方も読んでいただけるキャンペーン(?)を開催中です。1/10までですので
電子版のサイトで「佐々木小世里」と検索してみて下さい。どうしん電子版
7月には「小世里のキラリ!見つけ旅」という本がでました。
編集者の仮屋さんという方がいなければ自著をもつなどということは一生かけても叶わなかったことでしょう。
鹿児島県人のがんこな血をひくからこそのぶれない一本気が、ふ〜らふらな私の本に筋を通してくれました。
お棺に入れてあの世まで持っていきたい宝物。

あらら、時間がなくなってきてしまいました。
そうそう、ほんとうに本がでるにあたって、どんなに多くの方にお世話になったことでしょう。
素敵なお花で会場もいっぱいになりました。生徒さんにたくさん助けていただきました。
お仕事の機会をくださった方々にも、心からありがとうございます。
今年もつながって下さった方々のおかげで、気持ちよく終われます。
年賀状のご挨拶は控えさせていただいていますので失礼を申訳ありません。
ほんとうに今年一年ありがとうございました♡♡♡


# by koyopab | 2017-12-31 12:08

あったまりたい〜!

b0351386_11010791.jpg
本当にほんとうに寒いさむい12月。
心の準備なしの異例の零下続きは身も心もすくみますね。
それで思い出したのが手作りの入浴剤。
「あてんど」さんというところが作っていて、お話を伺いに行ったことがありました。
今も作られているのかな?
そうそう、12月のどうしんウェブのコラムがアップされています。
我ながら「はんかくさい」な〜と思うプチトリップの道程を綴りました。
見ていただけるとうれしいです。
北のイラスト舎 佐々木小世里


# by koyopab | 2017-12-21 11:06

ごめんなさい。2018カレンダーはお休みさせていただきます。

12月ももう4日ですって。師走ですね。
来年のカレンダーは?と、いくつかお問い合わせをいただいています。
気にかけて下さる方がいらっしゃること、とってもうれしいです。
残念ながら、2018年だけはお休みさせていただくことにしております。ごめんなさい。
今年はいろんな面で転機でした。時間が許す今、すこし立ち止まって、ふ〜っとまわりを見渡して
自分の場所、これから向かう先について思う良い機会だと思っています。
これから20年、どこに向かって走るのかを足踏みしながら考えています。


# by koyopab | 2017-12-04 09:27