佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

室蘭にある円形校舎の旧絵鞆小学校。

b0351386_08544266.jpg
パソコンの画面越しに見つけた一枚の写真に心がとまった。
なんだろう、こんなに美しい風景があるんだ。
目を移して、文字を眺めると、珍しい円形校舎の保存のための活動があると書いてあった。
工場群の夜景が美しいと評価が上がる室蘭に、もう一つ、こんなに美しい景色があったとは。。

カメラマンの関浩勝さんの「校舎の全ての明かりを灯して撮影をしたい」という願いが叶って撮影された一枚。。
閉校直前の去年の三月、前日の強風で、木々の葉が全て落ち、くっきりと校舎が表れたという幸運な一枚でもあるそう。
そして、名残雪。
1950年代に一時、ブームになった円形校舎の使い勝手はあまり良くなかったと、同窓生は口々に欠点を語るという。
けれど、全国的にみて、2棟続きの校舎が使用可能な状態で残っているのはここだけとも。

今回、市民グループの「蘭歴建見会」の三木さんからいろんなお話を伺い、室蘭に歴史的価値が高い建造物が多いこと
その反面、そのことを全く意に介さずに取り壊されていく建物が多いことを知った。
そう教えられて、中央町の元アーケード街を歩くと、いやはや、ほんとうに趣深いものがある。
商店街の駐車場に車をとめて、ぶらりと歩くと鉄の町のもう一つの顔に出合えそう。

# by koyopab | 2016-04-28 09:27

ギガちゃん人気に圧されるか?

b0351386_09385456.jpg
ソフトバンクのCMのギガちゃんがかわいい。
イヒヒ。。と小悪魔なキャラ設定にコロリとやられてしまう。
あの犬はチワワかな?。。と検索すると、いえいえ、ポメラニアンでした。
それはそうと、
今はトイプードル全盛だけれど、そろそろ目新しさは皆無の昨今。
主流はポメに取って代わられるか? ちょっと、楽しみ。
うちの子はM.ダックスなので、トリミングに行くと
「昔、流行ったわね〜」的な目で見られるようで少し肩身が狭い。
ま、どうでもいいんですがね。。。
ついでに、画像のイラストはプードルのつもりですが、なにか?

# by koyopab | 2016-04-27 09:45

ついつい丸を描いてしまう。

b0351386_09064740.jpg
なんとなく筆をもつと、丸を描いてしまう。
いまに丸描き名人になってやる!
って、どうでもいい宣言ですね。

# by koyopab | 2016-04-26 09:09

リスの料理番。

b0351386_10352970.jpg
朝から雨です。
もう、雪ではありません。
午前の10時半というのに、かなり薄暗い空は少し気味が悪いですが
雪じゃないので、まぁ、良しとしましょう。
「良し」といえば、荒川良々という役者さんっていいですね。
春ドラマ「重版出来」を、遅ればせながら見ましたが、おもしろい!
今は、録画をし損ねてもネット配信のGYAOなどで、見ることができるのですから、すごいもんです。
原作はマンガなので、漫画らしい「うまくゆきすぎ」な表現も多いのですが
コミカルなので楽しく、配役もワンダフル!もう、適材適所って感じなんです〜!

あらら、ドラマ感想文を書いてしまった!
そう、そう。そのドラマに荒川良々さんが出ていらして、やっぱりおもしろいな〜と。
最後の長回しのシーンの一人変顔が絶妙で、目に焼き付いてしまった!
変顔といえば、大泉洋さんの「アイアムアヒーロー」も見に行けたらいいな〜。

本当はちょっと毛色の違ったポストカードも作っています。という、おしらせをしたかったのです。
大通ビッセ2F「YUIQ~ユイク」で取り扱っていただいています。
また、春らしいカードは大通公園インフォメーションコーナー(大通公園内7丁目)でも
置かせていただいていますので、どうぞよろしくお願いします。

# by koyopab | 2016-04-23 10:48

オーダーメイドの額がリーズナブルに!

b0351386_08553321.jpg
オーダーメイドの額が既製品並みの価格で作れるなんて夢みたい!
ほんとにほんとにそうなの〜??って、慌てて出かけていきましたわよ。
額づくりが好きだからね。自分が楽しめて喜んでもらえるのが一番。という店主の津田さん。
昨年、美術展の搬入のお手伝いで脚立に乗って転落し足に大けがをされながら
数度の手術でなんとか自力で歩けるように復活された。
今までは既製品の額縁や画材なども扱う「津田額縁店」を思い切って、オーダーメイド専門店に切り替え
新スタートということだった。

既成の額では物足りない、という方におすすめです。
じっくり、ゆっくり、自分好みを作ってみたいな〜。

# by koyopab | 2016-04-21 09:04

テレビ越しの希望。

b0351386_09395443.jpg
まだまだやるせないニュースが続く中
多くの若者がボランティアに集結している姿が映し出され
物資を手から手に渡しながら運ぶ様子がありました。
じ〜んときました。

# by koyopab | 2016-04-20 09:44

せっかく春に向かっていたのに。

b0351386_11013043.jpg
取材明けの火曜日はどんより。
からだもだれ〜〜っとしたがっています。
せっかく咲いたクロッカスも、寒さに震えながら、天真爛漫に咲き誇る時期を失ってしまったようです。
明日から、温かくなる。何度も聞いたヨホウの言葉にも、浮かれなくなりました。

「春は寒いもんだ」
北国では当たり前なことも、なぜか忘れかけていたようです。
そもそも、こんな災害があったのに、屋根付きの家で寒さの話なんて、不謹慎なのです。


# by koyopab | 2016-04-19 11:11

今度は熊本で。

b0351386_08414155.jpg
また、大きな地震がおきました。
当たり前の日常が尊いということをことさらに感じます。
清潔なトイレ、たっぷりのお湯をはったお風呂、湯気のあがる朝ごはん。
懐にぐらぐらと煮えたぎるマグマをかかえた地球の上で
わたしたちは暮らしているんだよね。

被災された方の日常が一日も早く戻りますように。

# by koyopab | 2016-04-15 08:46

しみじみおいしいパンとスコーン!

b0351386_08492310.jpg
室蘭市のシャンシャン通りにある「ナニナニ製菓」はかなりおもしろい。
20代から30代を東京の感度の高い環境に身を置いていた庭山さんご夫妻は、
飄々と自分たちの思いにのっとったものを作り、思いを地域に感染(貢献)しつつ暮らしているようだ。

訪ねた日、一番に食べたのは「抹茶とホワイトチョコのスコーン」。
実はスコーンのバター臭さがあまり得意じゃないので、おそるおそる口に運んだけれど
そのバター臭さが全くない。抹茶の渋みとチョコのコクがとっても良く合い、小麦のうま味が援護射撃をしてくるみたいなおいしさ。
ここのスコーンはすごい!と、一つ食べただけで魅了されてしまった。
実は、ここの菓子づくりは基本的に乳製品と卵不使用。
どおりで、パクパクと口に運ぶ手が弾むはずだ。

その日は2時間、店の素朴なカフェスペースの一角を陣取り、焼きたてを次から次へと口へ運んだ。
どれもこれも、ちゃんとちゃんと、ちゃんとおいしい。
卵と乳製品を使わないクリームパンが、また絶品なのだ!
あ〜〜、玄米粉と全粒粉の「玄米パン」もうま味が詰った一品だったな。
「ここのパンしか食べてくれない」と3歳に満たない男の子のお母さんがぼやきつつ、うれしそうに話してくれた。
違いがわかる男なんだね〜。


# by koyopab | 2016-04-14 09:28

なんとなく。

b0351386_08521988.jpg
なんとなく丸を描き始めたら
こうなった。

今朝もまだ寒い。
明日は17℃の予想とか。
風が吹こうと、あられが降ろうと、びくともしない頑丈な体が欲しい。
って、欲張りかな〜?

# by koyopab | 2016-04-13 08:57