佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

最終日です。

b0351386_08533822.jpg
5日間の作品展の最終日。
この223枚のパネルともお別れと思うと少ししんみり。
こんなに会期中が酷暑となるとは想像もしませんでしたが
クーラーの効いた会場にいられて、ハッピーでした!
たくさんのお花もいただき、お隣に道新ギャラリーで開催中の生け花の展示会と間違って入っていらっしゃる
方が多かったほど、美しいセンスの光るアレンジでお祝いしていただき、本当にありがとうございました。
今日ももうひと頑張り。お時間がありましたら、お出かけいただけるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。


# by koyopab | 2017-07-16 09:00

「ゆるやかトーク」で楽しみました!

からだはヘロヘロしていますが、トークも楽しく終了しました!
どうしんWEBで記事にしていただいています。
facebookページにリンクを貼りましたのでよろしかったら覗いてみて下さい。
早すぎる猛暑で大変ですね。
会場はいい感じで冷えていますよ!
お時間許しましたら、足を運んで下さいね。
北のイラスト舎 佐々木小世里


# by koyopab | 2017-07-14 08:39

今日からスタート!

b0351386_08323356.jpg
ついに初日です!
今日発売の新刊をDO-BOX会場でお買い求めいただいた方にオリジナルポストカードのプレゼントを用意しました!
暑くなりそうですが、どうぞお越しいただければうれしいです。
では、行ってまいります!


# by koyopab | 2017-07-12 08:34

生活面で取り上げていただきました。

b0351386_06351044.jpg
本来なら7月の異動でいらっしゃられなかったはずの、連載時の担当デスクの元井麻里子さんが、たまたま事情があって1ヶ月新任地への着任を遅らせるという異例のハプニング(?)のおかげで、元井さんに書いていただけました。
わたしにとっては、とてもとてもうれしいことです。
生活面では7年にわたり、連載をさせてもらっていましたから、この本作りが終わって、やっと卒業できるような気分なんです。
その卒業証書を担当デスクからいただくことは、ココロのけじめとして、なんて清々しいことでしょう!
写真も愛情込めて撮っていただきました。53歳の今がそのまんま切り取られている気がします。
明日は搬入で、明後日から作品展が始まります。この5日間をしっかり過ごしてきちんと締めくくりたい。
そして、いささか自分のことばかり注視してきた日々にもげんなり。なので、また外にどんどん目を向けていきたいです。
本の画像の横の赤いイラストは士別の「イナゾーファーム」のもの。
ここのとびきりおいしいトマトジュースが13日(木)の「ゆるやかトーク」のふるまいプチドリンクです!
午後2時からですので、ご都合が合いましたらその時間に合わせて来ていただけるとうれしいです♡
どうぞよろしくお願いします。


# by koyopab | 2017-07-10 06:48

どうしんウェブ「週刊コラム」がアップされました。

b0351386_06163987.jpg
どうしんwebで月に一度書かせてもらっている「週刊コラム」も早いもので4回目。
今回は12日に発売の本について書かせてもらいました。
そして、性懲りもなく往生際の悪い言い訳を並べています。すみません。。。
そんな言い訳を今回に限り、どなたでも見ていただける設定にしていただけてしまいました。
正直、イラストの横と上に常に自分の顔があるレイアウトにはいちいち「むっ(怒)」としていますが
決めごとだから我慢しています。でも、よけいだよな〜。「むっ(笑)」美人にうまれたかった(泣)
北のイラスト舎のfacebookにリンクしていますので、ピョーンと飛んでみて下さるとうれしいです。
北のイラスト舎 佐々木小世里
b0351386_07101371.jpg

# by koyopab | 2017-07-08 06:29

「こんな夜更けにバナナかよ」の編集者が担当なんですよ!

b0351386_08564671.jpg
7/12の本の発売に合わせて7/16まで作品展を開催しますが、賑やかしのひとつでちょっとだけトークをします。
今回、本を作っていただいた担当の仮屋志郎さんと出版秘話などをおしゃべりしたいと思いますが、この仮屋さんは「こんな夜更けにバナナかよ」「おうちで給食ごはん」をうみだした編集者なんです。バナナの絵を依頼されてから、かれこれ14年のお付き合いになりますが、脂ぎった俗世にはいつまでたっても染まらず、けれど鹿児島県人の血がそうさせるのか、頑固さにかけては天下一品という方です。いつも「ふむふむふむ」「はははは〜」「そそそそ」と多くはしゃべりませんが、マイクを持つと豹変するかもしれません。そこのところ、わたしもすごく楽しみです。
7/13の木曜日の午後2時は道新DO-BOXへお集まり下さい。もちろんお代はいただきません。ふるまいプチドリンク付きです。きっと空調も快適かと思います。1時間を予定しています。どうぞよろしくお願いします〜!


# by koyopab | 2017-07-06 09:12

ついに対面!

b0351386_08575015.jpg
昨日、できたてのホヤホヤと対面できました!
本作りって、なんて大変なんでしょう。
ほんとうにたくさんの行程を経て一冊になることの重みをしみじみと体験できました。
何度も愚痴っていますが、作文は苦行でした。
どうしてイラストレーターのわたしが「この年になって」わざわざ得意でもないことに挑戦しなくちゃいけないの?
天に何度もつばを吐いては「ありがたい挑戦なんだ」と思い直し、たまに石ころに八つ当たりをしながら暗闇を歩いた。
それなのに、すっかり苦しかったことを忘れているじゃありませんか!!
反省しても長続きしない性分はいやなこともついでに忘れちゃう良い性分にも作用するみたい。
7/12に書店に並んで、運が良ければ1ヶ月くらいだけ平積みに置いてもらって、「あっ、いるいる!」って少しにやけて。そうこうしているうちに棚に背表紙だけちょこっと顔が見えるようになって、「まだ、いるいる」ってちょっとだけほっとして。雪が降る頃には「あっ、もうこの本屋では扱ってくれないんだな〜」と目を伏せるようになって、年が明けると「見つけられない」ことが淋しくて北海道の本のコーナーを避けたりするんだろうな〜。わっ、なんだかすごく湿っぽい。

原稿用紙1枚ほどの文字数しかない新聞の記事では伝えられなかったものを補足できたら。
そんな思いも、なんとか作文することに向き直るモチベーションだった。
けれど、読みやすく軽く、おもしろく。というお題目で、どんどん伝えたい思いは薄っぺらくなってしまった。
この部分だけ、やっぱり心残りです。
せっかく、題材として書くことを許していただきながら申し訳ない気持ちがいっぱいです。
どうか、わたしが書いた断片を大きく膨らませて、想像力豊かに読んでくれる方がたくさんいてくれますように。
今の願いはそれだけです。
わ〜なんだか辛気くさいなぁ。とにかく、作って出していただくんだから
もう、つべこべ言い訳してたらダメですね。
本のデザインも印刷のカラーも申し分ない仕上がりなんです!
もうね、我が子のようにかわいがりますよ。大目に見てくださいね!
どうぞよろしくお願いします〜〜!!


# by koyopab | 2017-07-05 09:20

DMができました!

b0351386_10354540.jpg
数えてみたら、「キラリ!見つけた」の連載が終了してから、とっくの昔に半年が過ぎ10ヶ月が経とうとしています。
こんなに「キラリ!」「キラリ!」と言い続けているのはわたしだけで、覚えていてくれている人もほんの少しだけなんだろうな〜と思うと、ちょっと気恥ずかしい。
でも、この本の売れない時代に、名もない者が書籍化の機会を与えてもらえたというのは「わたしは意外と運がいい」のかもしれません。
いろんなことがあった4年半に出会った素晴らしい人たち。
あらためて見つめ直せたのは、ほんの20の出会いに留まりましたが「400字の記事では書けなかった気持ちを伝えたい」と記憶を辿りました。
終わってみると、たとえ文字の数を5倍や6倍に増やしても、素晴らしき人たちの横顔のかけらも捉えられなかった力不足を感じています。
それでも、少しばかり絵が描けるということで、こんなに可能性に満ちた人々に会いにいけたのは消せない事実。
好きに貪欲もたまには悪くない。


# by koyopab | 2017-06-24 11:26

7月12日発売!にあわせて作品展をやります!

b0351386_10545785.jpg
最近の札幌では「えぞ梅雨」などどいって、湿気が多い日が多かったけれど
今年の6月はそんな気配がないまま過ぎるのかな?
ちょっと風が強すぎる気もするけど、爽やかデス。

7/12(水)。おかげさまでついに本の発売日が決まり、ちょうどその日から作品展を開催します!!
場所は北海道新聞社の1階にある「DO-BOX」。道新ギャラリーのよこ、道新プレイガイドが向いにあります。
日程は7/12(水)〜7/16(日)
時間は10時〜19時(水、木、金)
   10時〜17時(土、日)
入場無料です。
会期中にちいさなイベントをいくつか行いますので、お気軽にご参加いただけるとうれしいです。
7/13(木)14時からは、担当編集者さんとの「ゆるやかトーク」を行います。取材秘話、本の制作秘話などをゆるりとおしゃべりしたいと思っています。
週末の土曜、日曜はワークショップを行います。
「挑戦!カラーインクで描くポストカード」(参加費無料)
7/15(土)16(日)14時半〜15時半(各日14時受付開始。先着15名。持ち物不要)
対象は子どもから大人まで。小学校低学年は保護者同伴。
こんな感じで、楽しい時間を過ごせたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
画像は作品展とは関係ありません〜〜!!




# by koyopab | 2017-06-19 10:47

「小世里のキラリ!見つけ旅」に決まりました。

b0351386_10094512.jpg
やっと本のタイトルが決まりました!
「小世里のキラリ!見つけ旅」です。
どうぞよろしくお願いします〜!
まぁ、50歳も過ぎて自分の名前がこう頭にくるのもいかがなものか?と思わなくもないのですが
つけていただいたのですから、臆面もなくありがたく受け取らせていただきます。
今日は再校というものが届く予定です。
わたしって、こういう紙媒体のお仕事を長くさせてもらっていながら
イラストをデザイナーさんに手渡した後のことを全然知らないでいられるんですよね。
意外とクライアントさんとゴタゴタ大変だったなんて、あとでお聞きすることも稀にあるのですが
知らされるのは、すっかり印刷物ができあがってからのことで
随分と強風から守られている立場だったことを改めて感じるこの本作り。
今回は原稿を書いて、確認をしていただいてほっとしていたら、今度は初校というものがやってきて
また、一から文を読み直して、間違いやらをチェックする。
そのあと、数日してチェックを反映した原稿が届き、再校というわけなんですね。
「いや〜もういいですよ〜。やめますか?本だすの」心の声がちょっとしびれをきらしています。
いえ、もちろん口にはだしませんよ。
でも、大変なんだな〜。一冊の本を作るのって。
「ほっぺおちの旅」というフリーライターの柳亜古さんと共著で本にしていただいたこともありました。
ちょうど、9年前の7月です。
その時は、新聞連載で描いたイラストをそのまんま載せてもらったので、そんな苦労のかけらも感じずにぬくぬくと本ができあがったんですけど、文章担当の亜古さんは大変だったんだろうな。共有せずに申し訳なかったな。そんなことも、今さら思ったりしています。
出産経験はないけれど、産みの苦しみもこんな感じなんでしょうか?
待つのも育む前の大事なお仕事なんですね。


# by koyopab | 2017-06-08 10:31