佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

暑くなりそうです。

b0351386_09224530.jpg
パイロットから出ている着せ替えボールペンがお気に入り。持っていた2セットを立て続けになくしてしまった、ぐすんぐすん。
もう、普通の3色ボールペンじゃつまらない。無くしたことを、これ幸いと、新しいのを買いにけり。

# by koyopab | 2016-07-13 09:25

存在が別次元なり〜!

b0351386_10051992.jpg
シアターZOOで観劇。
また、ダンサーの東海林靖志さんに見惚れてしまった!
たくさん役者さんがいるなかで、彼だけまとう空気が違う。
今回は肉声も聞けた。
美声というのではないけれど、腹の底から真っすぐのびるいい声だった。



# by koyopab | 2016-07-10 10:12

どこかの詩人じゃないけれど。

b0351386_10180420.jpg
カラーインクのお教室に3名の新人さんが入り
フレッシュな喜びに出合えました。
生徒さんに会えて有頂天なわたしに付き合ってくれる懐の深さも持ち合わせ
初回から、筆使いも上出来過ぎ!
S子さんには申し訳ないけれど、乾ききる前にペンを入れて、
「おっきい目になっちゃった〜!」くらいの失敗をしてくれるくらいがありがたい。ふふふ。

同じ絵柄の輪郭をなぞって、同じ色のインクを使いながら
面白いほどに個性が出てしまうのが醍醐味。
みんな違ってみんないい。っていう。みすずさんの言葉そのままです。
次回も楽しみ!!




# by koyopab | 2016-07-09 10:35

うまいよ!ラワンぶき!

b0351386_08551717.jpg
そのまんま、フキの香りじゃん。
そう思っちゃぁあいかんぜよ。
普通、形が大きくなると、個性も増幅しがちに思うけれど
足寄町のラワンぶきは2〜3mの高さにまで成長しながら、ぜんぜんごっつくならない山菜なの。
フキの香りを薄めるとアロマの香りになるのね〜と、2度嗅き、3度嗅きしてしまうほど。
手間ひまかかるアク抜きの必要もなく、ざっと茹でて冷蔵庫に入れておけば
五目炒めでも、かけそばの具にも、なんでも使えちゃう。
ミネラル、繊維質が豊富で低カロリーなのもうれしい!
一番びっくりしたのは、天ぷらがおいしいこと。
今回訪ねた先駆けの「鳥羽農場」の鳥羽昇子さんに教わって作ってみたけれど
揚げたてを頬張ると、鼻に抜けるアロマの香りがたまらない〜!くんくん。
そして、なかなかへたらない食感もいい!
いつまでもシャキシャキ!とさわやか。

数年前から札幌の東光やイオン系スーパーでも取り扱っているので
来年の旬をぜひ!ぜひ!お楽しみにね〜!!
あっ、そうそうコープもね!


# by koyopab | 2016-07-07 09:13

新函館北斗駅で見ました!

b0351386_09125507.jpg
新幹線見たいな。という父の要望に応えて
新函館北斗駅へGO!
ダイヤを調べて、1時過ぎの到着時刻に合わせて、入場券買って、ホームで
待ち構えていたら、ピンクのラインがやってきた!
「え〜!ラインは紫じゃないの?」
話題になっているH5系という「はやて」は朝と正午過ぎの2回しか現れないという。
ひぇひぇ〜〜〜〜〜!!無知とはなんと恐ろしい。(おおげさ)
私たちは、しゅんとしぼんだ気持ちを抱えて、だんまり。

「形はほぼ一緒なんですよ」となぐさめながら
丁寧に調べて、紫ラインの到着と出発時刻を教えてくれた警備さん。
そのやさしさにほぐされてすぐに立ち直った3人はそそくさと改札に向かい、
外国からの観光客でごった返す駅をあとにした。
「こういうほうが、思い出に残るかもね」と、自嘲しつつ。

でも、これが小学生の鉄道好きの男の子だったら、泣かれちゃったかもね。
80歳のおじいちゃんで良かったわ。


# by koyopab | 2016-07-05 09:29

風が気持ちいい。

b0351386_10012578.jpg
ビール日和に語らいが弾んで、気分よくビールをグビグビ飲んで
昨日はやや二日酔い。
今日の空はどんよりで、窓からの風も冷たさが増したよう。
すっかり、毎日のようにはしゃぐことができないお年頃で
外出をせっつかない土曜日もいいもんです。

そうそう、サクランボの季節なんですね。
芦別の大橋さくらんぼ園のサクランボはうれしい収穫期かしら?
珍しい品種がいっぱいで、味わいもいろいろ。
気持ちだけ、畑に飛んでいこう。


# by koyopab | 2016-07-02 10:10

菜の花キャンドル

b0351386_06262450.jpg
天然由来のキャンドル作りに関心の高い作家と
滝川に菜の花で人を呼び、なたね油を町の特産品になるまでにした「なかのふぁーむ」のコラボが実現し
この春のまちの話題をさらったといっても言い過ぎではなかった「菜の花キャンドル」
日本では古くから親しまれてきたなたね油のろうそくは、小さなかわいらしい灯りで燃焼時間が長いのが特徴という。
そして、すすが出にくく、空気の浄化にも一役買ってくれるとも聞いた。

「いつか、なたね油でキャンドルができたらと、保管していたものが形になってよかった」と中野美規子さん。
油を搾るのに、慣れない頃はたくさん商品に適さないものがでてしまったそう。
「中野さんの所には、いろいろ問い合わせがあったらしいのですが、この町で作ってほしいと頑なに断ってくれていたらしいです」と話すのは作家の加藤明恵さん。なたねでキャンドルをとの思いで、地域おこし協力隊に応募したけれど、待ち受けたように素材の提供があるとは思ってもみなかったという。

そんなうれしい偶然が重なった「菜の花キャンドル」。
着色なしで愛らしいクリームイエローになったというのも、幸運な偶然らしい。

# by koyopab | 2016-06-30 07:01

定員になりました。

b0351386_08384301.jpg
空席がでたとお伝えした道新文化センターでの「カラーインクで描くポストカード」ですが
おかげさまで、定員になりました。ありがとうございました。

初めての画材との出合いで輝く生徒さんの顔を見るのが楽しみです!


# by koyopab | 2016-06-29 08:43

あら、カラス。

b0351386_16024969.jpg
ヒーヨというひよどりをモチーフにしたキャラクターが登場するイラストは
とりとめのないところから出てくる絵です。
この画像も、下地の下地になるもの。
気のむくままに色をのせて、なにを描くつもりもないものです。
最後に水をたっぷりつけた太めの平筆で、勢いよく画面を汚します。
しみ込んでいたインクが誘い出されて、混ざり合ったりします。
計算がない空気にしたいんです。

昼下がりには、蝉の声
そして、小鳥のさえづり
今、カラス。
なんでもない一日がありがたいな。


# by koyopab | 2016-06-27 16:09

道新文化センターのお教室に空席ができました。

b0351386_10043226.jpg
第2、第4金曜日に行っている、道新文化センターの「カラーインクで描くポストカード」の講座に空きがでました。
写生とはひと味違った描き方で、毎回、はがきサイズの絵を仕上げています。
(上の画像は1年以上通っていらっしゃる生徒さんの作品で、2倍ほど大きいです)
女性のみの募集ですが、ご興味のある方がいらっしゃいましたら
文化センター(011−241−0123)へお問い合わせください。
講座の時間は13時〜15時です。
心をふわっと明るくさせてくれるカラーインクの色合いをご一緒に楽しみませんか?
b0351386_10225815.jpg


# by koyopab | 2016-06-25 10:14