「ほっ」と。キャンペーン

佐々木小世里の「ふわっと飛んでみたら」

koyopablo.exblog.jp

<   2016年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

最終回はラベンダーファーム富田そばの「ノーザン・スター・ロッジ」!!

b0351386_08003749.jpg
ファイターズの晴れやかな優勝に沸く朝、わたしは泣いていました。
4年半続いた「キラリ!見つけた」の最終回がまさかのモノクロでした。残念!
ファイターズは応援していましたよ。本当はやった〜っと喜びたいのですが、このタイミングが口惜しい。

二年ほど前から、ずっと行きたかった中富良野町の「ノーザン・スター・ロッジ」。
夕方に宿に入り、ほんの一泊のステイがこんなに心をほぐしてくれるなんて
正直なところ想像していなかった。
なにせ、取材という仕事が第一。その上、お話をお聞きするオーナーの加藤雅明さんは
あの「スキージャーナル」の元編集長。文を見てもらうなんて、もう考えるだけで恐ろしい。
けれど、キラリ!の終了が決まり、なんとかお会いしたいと意を決し取材のお願いをした。
素敵な角ログのオリーブグリーンのロッジに近づくにつれて、ドキドキはピークに。
あ〜どんな方なんだろう?
ドアを開け、中に入るとそんな心配は一気に吹き飛んだ。
完成後まだ3年というのに、空気がこなれているというか温かさが伝わってくる。
聞くとロッジの建築だけでなく内装も加藤さんが手をかけたという。
大きな木のテーブルから椅子やキャビネットなども手作り。部屋の洗面台のタイルもとってもキュート。
プロはだしの腕前だけれど、どことなくほころびを感じるところが、とってもいい。
新築です。なにもかも新しいです!という空間は、どこか人をはねつけて居心地が悪かったりするもの。
このロッジは加藤さんと見千子さんの経験や価値観の結晶なんだ。そんな気がした。

「流行すたりに振り回されることなく、生活が根付いているこの場所で、自然を大事にしながら観光を掘り起したい」という。
国内外のスキーリゾートを知り尽くした加藤さんが選んだ中富良野町のこれからが、とっても楽しみ。
お二人ともお酒好きなので、のんべえにやさしい宿でもある。
見千子さんのお料理もプロ級。センスのいい前菜をつまみながらビールとワインで、いい気分。
深夜に目覚めて見上げた星夜は忘れられない。
大地がゆったり呼吸している農村は呼吸の浅くなりがちな都会での日常をリセットしてくれるよう。
「田舎は都会の宝もの」
どうして、こんなに小さい町に出かけたがるんだろう?自分でも不思議だと思いながら、見いだせなかった答えがここにあった。
ノーザン・スター・ロッジ

長い間、連載を見てくださった方々、取材にご協力下さった方々に
心からお礼を申し上げます。
本当にどうもありがとうございました。

b0351386_07542799.jpg



by koyopab | 2016-09-29 09:29

からだの半分。

b0351386_10201123.jpg
いつもだったら、もう取材に出かけている頃だな〜。
いつもなら、次の月の下調べに出かけなくちゃと焦る頃だな〜。
いつもなら、来週には取材先のアポ取りをしなくちゃな〜とこんがらがった頭を整理して
会いたい人たちの営業日と動ける日程を摺り合わせながら、月に4件の出会いを決めていた頃だ。
そんなことばかりを考えてしまう。
連載の準備に追われていた時間がすっぽり抜けて
からだの半分が空洞化。

なんだかね。これって恋に似ているよ。
恋のような仕事ができたなんて、幸せだね。
でもね、失恋にも似ていて、ちょっとせつないんだよ。


by koyopab | 2016-09-24 10:30

最後から2番目のキラリ!

b0351386_07111497.jpg
「キラリ!見つけた」の連載もあと一回。
今日は子ども思いの無添加ソーセージをご紹介しました。
鈴木さんが「けむり屋」を開いたのは20年前。
まだまだ、カップラーメンやポテトチップスなどのジャンクフードの新作に湧き
ファミレスのリーズナブルなサービスを何も考えずに有難がっていた頃。
そんな中、一足も二足も早く無添加製品を作ろうと取り組んだなんて、すごいな〜。
「子どもがソーセージが好きで、毎日食べても安心なものを作りたかった」
全く、シンプルな思いに感動しちゃう。
そのソーセージは繊細でやさしい味わい。
私が出会ってきたソーセージを無添加にこだわって作られる方は、皆、職人気質で
ドイツ仕込みの本物の味を求める人ばかり。
深く濃い味わいに何度もうなづきながら、うまい。うまいな〜と感じ入る。
ビールもいいけど、ワインもいいね〜。と、洋風だ。(当然だけど)
けれど、「けむり屋」さんのソーセージは違う。
ストレートにす〜っとしみ込むような柔らかさ。
赤ちゃんから、歯の弱くなったお年寄りまで食べられる。
お味噌汁とほうれんそうのお浸しとソーセージ。
日々の暮らしに寄り添ってくれる、いいものに出合えました。



by koyopab | 2016-09-22 07:35

作品展のDMです!

b0351386_08352005.jpg
作品展まで一ヶ月をきっています。
案内はがきが刷り上がってきました。
イラストイメージはキラリ!で訪ねた農村のイメージをミックスした架空のもの。
本当にたくさんの場所に行きました。出会いの数は222。
今日は最後の出会いをイラストにします。
なんだか、しんみりしています。
気合いを入れ過ぎないようにしなくちゃ。


by koyopab | 2016-09-21 08:36

山アジサイも秋色

b0351386_08395319.jpg
山アジサイの勢力がすごい。
さすが「山」育ち。
この家に越してきた記念にと中島公園の「園芸市」で買った苗をこそっと植えたつもりが
たった5年で先住アジサイをしのぐ勢いだ。
けれど、花や葉は小ぶりで、質素な印象。
スケルトンな花がひとつ。きれいだな。


by koyopab | 2016-09-20 08:48

秋色あじさいがいい感じ。

b0351386_16493977.jpg
アジサイも秋色に変わり
来年のために少し刈り込んで、形を良くしたいな〜と素人なりに考えています。
四方八方に伸びきった部分をちょきんと切って、花瓶にさすとそれなりに美しい。
小さな本棚の上がお気に入りスペースになりました。
蹴飛ばす心配はありませんが、地震などきませんように。



by koyopab | 2016-09-19 16:57

Y.Yさまへ。お問い合わせの返信が戻ってきます。

b0351386_14333781.jpg
9月11日にホームページのお問い合わせからメッセージを下さったY.Yさま。
返信をさせていただきましたが、エラーで戻ってきてしまいます。
パソコン、スマホからの返信を試しましたが、無理でした。
お返事届けられず申し訳ありません。
☎やファクス番号などを教えていただければ幸いです。
読んでいてくださっていたら、いいなぁ。
どうぞよろしくお願いします。


by koyopab | 2016-09-17 14:38

おいし〜い道産小麦「はるゆたか」を使ったパンはやっぱりおいし〜〜い!

b0351386_07091941.jpg
先週ご紹介した「興農社」のはるゆたかを使ったパン・カフェ。
上富良野町の深山峠の「coffee & bread en(えん)」は30代の若夫婦が切り盛りするお店。
ボディコン姿でディスコで扇子を振り回し、1万円札でタクシーを停めたと語られるバブル世代から見ると
自分たちの生活を第一に、足りることを知る世代はとてもうらやましく見える。
今まさに「とと姉ちゃん」では、3種の神器を次々と手にいれていくシーン。
物質的にひとつづつ獲得することで満たされた世代は、目的が明確だっただけに
皆が同じ方向を向き、しあわせが画一化され、幸せだったかもしれない。

物質的にも住環境もそこそこ整ったあとに生まれた世代は、「しあわせ」の価値観が多様化していった。
自分自身で見つけられないと、うつろな人生を歩むことになる。
生きにくさを抱える人たちが増えることが社会問題になる反面
自分の生き方を見据え、できることを無理をせず踏み固めていく人たちにも多く出合い、心強かった。
野口さん夫妻もそういった2人だった。

大事なものをちゃんとわかって、作る2人の空間はとっても心地よい。
地元の農家さんが作るものを使うのは当たり前。という陽世さんのパンは
どこにもないオリジナル。
バブル世代としては、コスパもいい!なんてことも言いたくなるけれど
とにかく、地に足の着いた生き方はいいなぁ。
おいしいパンを噛みしめながら、そんなことを考えてしまった。









by koyopab | 2016-09-15 07:48

小麦の味がわかってきた?

b0351386_07370784.jpg
道産小麦の単一品種「はるゆたか」100パーセントの加工品の開発、販売を手がける興農社。(もちろん、栽培も)
そのブランド名は「CAMIFLAG」カミフラッグ!
上富良野に勇姿の旗をひるがえそう。という格好いいネーミングにふさわしい商品がぞくぞくと完成している。
統一したパッケージが、またデザイン度高くて、正直、「包装ばっかり格好つけちゃって、」と斜めから見ていた私。
けれど、一口食べると、パスタの腰の強さに、まず脱帽。そして、薄っぺらなぎょうざの皮がもっちもちで、一気にメロメロさ。
「ちょっと、なめててごめんね」と心の中で詫びるほど。

そうだよね〜。農家の男衆4人が集まって、法人化し、加工品の開発に乗り出すにはそれなりの覚悟がある。
ほんとに惚れ込んだ「はるゆたか」だからこそ、自分たちを賭ける価値があると見込んだんだ。
そして、それぞれの加工はその筋のプロフェッショナルと見込んだ工場へ分けて依頼するあたりがすごい。
それだけにちょっとお値段はいいけれど、裏切らない味がある麺たち。
刈り取り直前の麦畑を取り巻く丘陵地の美しさは、もうね、息を呑むって、こういうこと?って感じだった。





by koyopab | 2016-09-08 08:00

曇りの日の楽しみ。

b0351386_09403304.jpg
曇りの日には無理に気持ちを持ち上げようとせず
朝からキャンドル灯して、ゆらゆらゆれる炎に寄り添ってもらう。
小樽の米澤純さんのキャンドルは溶ける度に変える表情が繊細で美しい。
大通ビッセ2Fの「YUIQ」では新作が出ているそう。
昨日は青空にきれいな鱗雲。
秋の入り口、オータムフェストももうすぐだね。


by koyopab | 2016-09-06 09:51