佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

<   2016年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

5年ですね。

b0351386_08474926.jpg
昨日発売の「花新聞」のイラストです。
震災から5年。そのことを意識して描きました。
あまりに大きな災害にいまだに言葉がありません。
災害の大きさと日本という国にもう希望が持てないことに打ちひしがれて、
わたしの胸の奥には、いじけた野良犬が棲みつきました。

けれど、前を見ないことには始まりません。
直接に被害を受けなかったものは、力強く生きるしかないんです。
動いていたら、どこかに喜び、希望が見える。
だれかになにかを差し出せる力を持ちたい。
そのひとの心に明かりを灯せるなにかを。



by koyopab | 2016-03-11 09:02

本日の「キラリ!見つけた」はお休み。

北海道新聞朝刊、木曜日生活面で連載させていただいている「キラリ!見つけた」はお休みでした。
今週分の原稿はデスクチェックも終わっていましたが
紙面がモノクロとわかり、今回だけお休みになりました。
モノクロの掲載時が年に数度あるのですが、ありがたいことに、読者の方から「どうしてカラーじゃないんだ」という電話があるらしく、とても気を遣っていただいているのです。
来週、カラーで見ていただけますように。。。

by koyopab | 2016-03-10 09:11

旭川西武もなくなっちゃうんだね。

b0351386_15481098.jpg
旭川からデパートがなくなっちゃうって、なんだか淋しいね。
といっても、そんなに思い入れがあるわけではなく、
小3まで宗谷の小さな町、中頓別にいたので、それまでの洋服の調達は音威子府か名寄だった。
わたしなど、連れて行ってももらえず、母が知人の車に乗せてもらって年に二度ほど、そう、ボーナス時期に夏物、冬物の買い足しに出かけていた。
母が戻ってくるのをどんなにワクワクして待っていたか、わたしに何を買ってきてくれるんだろう?とドキドキしたっけ。

当時は旭川なんてもう、遠い遠い都会。出張に出かけていった父が、ワンピースをお土産に買ってきてくれたことがあった。
びっくりするほどフリルがいっぱいで、子供心にもどん引きしたのを覚えている。
野山を駆け回っていたわたしに、それが似合っていたかどうかまったく記憶にない。

それはそうと、最近のファションが90年代風とかで、なんとも懐かしさとかわいらしさがあって
久しぶりにファッション誌を覗いているんです。るんるん。
なんだか、絵に描きたい雰囲気がもりもり。
あ〜〜ファッションイラストも描きたいな〜。


by koyopab | 2016-03-09 16:15

英会話に再会?

b0351386_10381047.jpg
もう10年以上も前に英会話にはまっていました。
2000年あたりから、世の中のイラストレーションのニーズはすっかりコンピューターグラフィックに塗り替えられ
手描きイラストの肩身が狭く、きっと暇になっていたのだと思います。
暇だと、ごちゃごちゃと余計なことを考えちゃうでしょ。そんな時間があったら、好きだったけれど、全くだめだった英会話でも始めてみようかな?と思ったところが、どっぷりと浸かったんですよ。
始めた当時は冗談じゃなく、近く=nearという単語すら出てこなかったのだから笑えます。

毎日毎日、耳にイヤホンがくっついているのか!ってくらいにラジオ英会話を聴いて、EC英会話にもお世話になりました。
せっかく、投資もして学んでいるのだから、なにか目に見える形で結果を残したいと英検の勉強まで始めて。。
3年経とうとしたころには、英語圏らしき人を見つけると、道を聞いてくれないかな〜。おしゃべりしてみたいな〜と思うほどになったのですから、それなりに成長したのです。はっと、気づけば準一級もパスして、では、次は1級もと学び始めたところで目が覚めました。
「なにやってるんだ?わたし」
1級の参考書をめくると見知った単語がほとんどない。
「はっはっは〜。ここが潮時だね」
「現実逃避もここまで」ピ〜〜〜〜〜!!終了のホイッスルが鳴った。(って、ちょっと格好つけ過ぎ)

あんなに燃え盛っていた英語熱も、ここで一気に燃え尽きて、あれもこれもすっかりやめてしまった。

そして、最近のわたしときたら、西洋人をみるとドギマギして隠れたくなる体たらく。
大金をどぶに捨てたようなものだぜよ。ばかもん!と自分を呪いたくなった。
そんなとき、アジア系の来訪者たちが当たり前のように英語を話すのを聞き、恥ずかしくなった。
英語はコミュニケーションの道具。発音がひどいからって、隠れていてはもったいない。
うつらうつらとそんなことを考えていた矢先、出てきたのがこの「語学マスターギブス」ならぬ、ラジオ番組録音専門機器「Talk Master」。毎日の番組を定時に録音してくれて、好きな時間に聞け、音速も調節でき、聞きにくい部分はスロー再生できる優れもの。
ただ、昨今のガジェットのスタイリッシュさからすると、少々、古くさいのが残念。

ま、そんなことはそうとして、なんだか、ゆらゆらと英語熱が再燃し始めてきたのですよ。
まさに、タンスの奥の奥にしまっていた、ボキャブラリーたちに再会している気分。
もう、どこかへ消えてしまったかな〜?と思っていたけれど、意外や意外、まだ、引っ張り出せば出てきそうです。

ちょっとね、うれしい気分の三寒四温な3月弥生のミモザの日(国際女性デーなんだって)でした。







by koyopab | 2016-03-08 11:36

もう3月ですものね。

b0351386_10434286.jpg
ホームページを訪ねて下さる方へ、ささやかなプレゼント気分でカレンダーを隔月で貼付けしています。
(画像の解像度を抑えているので、粗くてごめんなさい)
今月も差し替え月ですが、システムがうまく使えずで、ブログのほうに貼付けてみました。
3月、4月は別れと出合いの季節ですね。
新年で一度、新たな年に向けて仕切り直しをし、この季節でさらにきっちり、きっぱり、リスタート。

思い返すと、この7年の冬の季節に義母、義父、母と大きな3つの別れがありました。
どの別れもたくさんのことを教えてくれ、生きた3人の魂は夫やわたしの中で、確実に息をしていることを感じます。
生きていた頃には「いやだな〜」と思っていた母の性分が、今ではおもしろいほど自分の中で感じるのです。
ほんとうに、DNAったら。と、おかしくなるのです。



by koyopab | 2016-03-07 10:56

明るい日差しの中で雪がふわりと降りてきています。

b0351386_10132305.jpg
今日は思ったより寒い朝でした。
仕事部屋では久しぶりにダウンを羽織っています。

「今日はさむいねぇ」
「そうだねぇ」と言いながら、雪国の哀愁を漂わせていたら
明るい日差しが差し始めて、大粒の雪が舞い降りてきました。
お隣の庭木やそのお隣の屋根にはこんもり雪がつもったままです。
なんだか素敵な光景です。

諦めていると、ごほうびがやってくる。
そんな感じです。

by koyopab | 2016-03-04 10:19

花新聞が休刊します。

b0351386_09083571.jpg
5年間、目次ページのイラストでお世話になった「花新聞」が3月一杯で休刊することになりました。
それまでは、花は好きですが、花をあまり好んで描いてきませんでした。
そのままで美しいものを描くことに興味がそそられなかったんです。
そんなわたしにお花に向き合う機会をくれた貴重な雑誌でした。(画像は落花生ですが。。)
淋しいな〜。
創刊から15年。
北海道のガーデンシーンをリードしてきた「花新聞」。
去年から小さな庭に2m角の家庭菜園も始め、今シーズンはもっと実体験を膨らませた表現もできたらと思っていた矢先のお知らせ。
3/24発売の最終号のイラストを描いています。
別れの季節。ちょっとおセンチな朝です。



by koyopab | 2016-03-04 09:19

ほんとは教えたくない隠れ家。

b0351386_09202970.jpg
今日は3月3日のひな祭りだったのですね〜。まったく、ひな祭り色のない、我が家からお伝えしております〜。へへ。
冬場は天気の変化が激しく、暴風雪なども起こりやすいので、遠方の取材は控えたいもの。
ということで、今月の「キラリ!見つけた」は札幌市豊平区。地元の愛おしい場所をご紹介していきたいと思っています。
初回は、思いっきり穴場な「喰いもんや てるてる」。料理好きの晴子さんがやっているお店なのですが、営業は夕方の4時まで。メニューは800円の和食膳1種のみ。と、好き嫌いの多い方にはお勧めしにくい場所ではありますが
ここで出される食事をいただくと、おいしく、とっても満たされる気分になるのです。なんといっても品数が多く、器づかいも楽しくてこのお値段でいいの〜?となります。
カウンターまわりは常連さんが鎮座いたしまして、初入店は少し敷居の高さを感じますが、そんな方には個室(2室)がおすすめ。
周りの目を気にすることなく、おしゃべりに花を咲かせられますよ。5台分の駐車スペースもあり。持ち込みもオールOK!
ソファのある部屋は赤ちゃんや小さなお子さん連れに人気があり、高齢のお母さんとの月一度の会食の場にされている方もいらっしゃいましたよ。



by koyopab | 2016-03-03 09:51

新しいポストカード

b0351386_08375528.jpg
夜が明けても、まだ、春は来ていませんでした。
またもや、真っ白。モノクロ画像3連続はいやなので、色がついたものを。

ここ2年あたりで描きためたイラストの一部をポストカードにしました。
大通り公園内の「インフォメーションコーナー」(7丁目)と
元拓銀跡(もう、すっかり懐かしい響き、この説明はもう必要ないのかな?)の商業施設、大通ビッセ(西3丁目)の2Fにある
「YUIQユイク(結育)」さんに納品しました。
気にかけていただけるとうれしいです。

by koyopab | 2016-03-02 08:53

今年一番の暴風雪。

b0351386_10085892.jpg
風で叩きつけられた雪が窓ガラスにくっついています。
全道的に暴風雪が続き、朝が明けても高速道路や国道の通行止め
飛行機やJRの運休など、今年一番の乱れ方です。

まだ、春は遠いのか。と思う反面、吹き付ける風の中にどこか温みを感じてしまいます。
あっ、日差しもでてきましたよ。
この嵐を抜けると、きっと春です。


by koyopab | 2016-03-01 10:14