佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

2016年 11月 13日 ( 1 )

ドラえもんじゃないよ。

b0351386_09485136.jpg
「1日1絵」に、ちょこっと登場するキャラクターの出自は、疲れた日に「ごろごろした〜い」とグダグダした気分の時に描いた一枚。
昨日は旭川美術館にでかけ、片岡球子の世界に浸ってエネルギーチャージしたものの、少々疲れが残る朝。
あ〜、こんな気分でゴローを描いたんだな〜と思い出しました。
今回の展覧会は残された膨大なスケッチに光を当てるもので、創作の裏側を垣間見られるのがすばらしい!
富士山や駒ヶ岳など、今まで山登りの経験もなかったのに、球子さんは描きたい対象を自分のものにするため
もりもり登って行く。大きなスケッチブックと画材を担いで。
それが、30年の小学校教員生活を経た後からのことというから
ちょっと旭川に行って疲れた〜って、今日は1日ごろごろしてたい!と思うのとは次元が違いすぎるというもの。
ま、それはそれとして、札幌出身のたくましい女流画家の姿は励みになる。
入場者に無料で配布している冊子も読み応えたっぷり。冊数に限りがあり先着順とか。

久しぶりに乗ったJRの往復運賃が格段に割安になっていてびっくり!(札幌—旭川 5080円!)
高速バスに負けてらんない!って、感じみたい。
いい競争はうれしいね。

facebookページはじめました。
北のイラスト舎 佐々木小世里



by koyopab | 2016-11-13 10:06