佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

2016年 08月 12日 ( 1 )

オケクラフトの「工房 くつろ木」

b0351386_12443184.jpg
先日訓子府を訪ねた折りに、隣町の置戸町にも立ち寄りました。
目的は佐々木寛之さんの今年の春にできた工房訪問。
ナビに連れられてたどり着いた家は、びっくりする大きさ。
実は、寛之さんは置戸給食の佐々木十美さんの息子さん。
ロングセラーの「おうちで給食ごはん」の装丁まわりを担当させてもらったご縁で親しくさせてもらっていて
「いや〜十美(とみ)さんって富豪なんだわ〜」と思いつつ、工房ギャラリーに入ると寛之さんの奥さんが迎えてくれた。
名前をお聞きすると「私の名前は、ひ・とみです」。「ひ」と「とみ」に一呼吸入れるあたり、乗りがよくって気さくなタイプ。
無口な職人気質な夫に明るい妻!これはナイスな組み合わせだ!と口にはしなかったけれど、にんまり。
聞くと、ここは地元の建設会社の社長宅だったそうで、和風庭園の趣と共に妙に納得。
ギャラリーには白樺の器とともに、ひとみさんの手作りアクセサリーや鹿革のバッグ、白樺の皮の編みかごなど
地元の作家さんのクラフトが並び、買い物心をかき立てられる。
「これ、できたばかりで値札もつけてないけれど、よかったら」と差し出された器にドキュン!
ハートの矢がささり、おうちの子に決定!
想像通り、冷や麦がおいしく感じましたのよ。おほほほほ。
「工房 くつろ木」
置戸町字拓殖31−9
☎0157-33-5201


by koyopab | 2016-08-12 12:54