佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

2016年 08月 04日 ( 1 )

めっちゃかわいい〜〜〜!!

b0351386_06065425.jpg
村上さんちの子どもがとってもかわいくって、メロメロ。
見晴らしのいい丘陵地からは海が望める。
小さな直売所の周りには丹精込めて育てた花々が可憐に咲いている。
なんだか空気が違う。きもちいい〜〜〜〜!

迎えてくれたのは、チーズ作りをする健吾さんの妻の妙子さん。
腕の中には赤ちゃん。
立ち話をしている間、せっせせっせとガーデンチェアを並べ、テーブルを運んで
青空ミーティングさながらのセッティングをする女の子。
力持ちで働き者だな〜。お名前は?と聞くと
「むらかみさくたろう」と答えた。
男の子だったの?ごめんなさい!だって、髪が長かったんだもん。
なんと「アナと雪の女王」のヘアースタイルに憧れて、伸ばしているんだって。
いいね〜。こういう子大好きだ!おばちゃんの浅はかな先入観を恥じ入るよ。
5歳っていってたかな。自分の好きなことを全うしようって、素敵だ。
そうしているうちに、おとうさんの健吾さんがチーズを持って登場。
さくたろうくんがナイフを使って切り分けてくれる。
6ヶ月熟成の「カリンパ」は完売で、今はこれだけしか試食がなくてと出されたのは3ヶ月熟成のハードチーズ。
さくちゃんは、味にうるさいご意見番。
「今日のはパクパク食べているので、まずまずなんでしょう」と妙子さん。
「ほんと、おいしい!」とパクパク食べていたが、
これが、自宅に戻って食べてみると
「すっごくおいしい!」に変わるのだ。
それは2つの比較があったから。生乳の味わいがなんて強いんだ!とあまりのわかりやすさに身震いした。
土にこだわり、草にこだわり、牛の種類にこだわり、ストレスをかけない飼育にこだわることが
ここまで明確な手応えをくれるんだ。
6ヶ月、1年熟成のものが食べられる日が楽しみだ。
それにしても、さくちゃんラブだぜよ〜〜〜!!






by koyopab | 2016-08-04 06:35