佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

2016年 04月 07日 ( 1 )

「キラリ!見つけた」の5年目の最初の一歩。

b0351386_08441267.jpg
「キラリ!見つけた」も5年目を迎えました。
文字数が100字ほど減りましたが、その分、すっきりとした気がします。
これからもどうぞよろしくお願いします。

今日のご紹介は「間嶋豆富店」。
とうふの「ふ」は「腐」じゃないのよ。「富」なんです!
わたし、思いっきり間違えました!原稿の確認で5代目の斉藤さんにタラタラッタラ〜〜ッとファクスした文には
全て「腐」を書いてしまい、これ以上にない失礼をしてしまった!本当に申し訳ない。。。とほほ。

店名をまったく気に留めなかったのには訳がある(言い訳ですが)。
室蘭の町を車で流していて、あれっ、こっちの方にも町がありそうと、小道を入っていって出合ったのが
看板のないとうふ店。分けてもらえるのかな?と引き戸をひくと、おおおお〜〜薪釜じゃ〜〜!すごい!びっくり!
そこで買い求めたとうふも大きくて、また、びっくり!
揚げ類もずっしり重くて、鼻息で飛びそうなぺーらぺらじゃないの。
「百年豆富」というこだわりとうふは、博多人形のように白い。おからも真っ白で雪のよう。
そして、不思議なおいしさなの。うまくいえないけれど、最近はお豆の甘みが際立つものがおいしく感じられてきたけれど、
このおとうふは一口目から甘い!って感じないんだけれど、
口の中でしみじみ感じるなにかが後を引く。今まで味わったことがないないうまみと食感なの。。。

いいとこ見つけた!とほくほくして検索したら、結構知る人ぞ知るお店だった。

とにかく、まじま の「ま」は「間」。「しま」は「嶋」って気にかけるだけでいっぱいいっぱいだったんだよね〜。
これだけ書けば、あなたも間違えないはず。って、看板ないんだよね〜。




by koyopab | 2016-04-07 09:17