佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

弾んだり、飛んだり。

b0351386_14120167.jpg
若いころは、スキップしてるみたいに歩く。と言われたことがよくあった。
いつも目的地に早く着きたくて早足だったのもあるけれど
簡単なことで、気持ちの弾みが足元につながっていたような気がする。
最近まで、さすがにスキップはしないけれど、わくわく、うきうきがちょこちょこ舞い降りてきてくれたような気がする。
アンテナをおろしてしまうと、なにも引っかかってくれない。
あ〜、また、「ない」という言葉を使ってしまった。
間違えて多めに買ってしまったコーヒー豆。数ヶ月ぶりでお店にでかけたら
お店がなくなっていた。おじいさんのコーヒーは安いうえにおいしかったのにな。
愛想が悪いけれど、つい足が向いていた魚屋も知らないうちに閉店していた。
あんまり感じが悪いので、もう行かないぞ!と勝手にしかとしているうちに消えていた。
最近、スマホのカレンダーにその日にやったことを記録している。
あ〜、こんなにいろんなことが「あった」んだ。
そんな風に思いたいみたいなんだな。



by koyopab | 2017-11-19 14:32