佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

あ〜あ。悲しき眼鏡せいかつ。

b0351386_09504472.jpg
振り返ればなんと幸せな日々だったのだろう。
メガネなしで、なんの不自由もなく暮らせた日々よ。
深酒の翌朝、コンタクトレンズがないと探しまわる夫を横目で冷たく見やり
屋外から部屋に戻ると一斉に曇ったメガネを拭き始める仲間たちを
たいへんですな〜。と、余裕しゃくしゃくで上から眺めていた日々よ。

手元の資料とデスクトップを見ることすら、メガネが2つ必要になった今、
今までの冷ややかな愚態を心から詫びたい。
低い鼻にメガネのダブル掛けに嫌気がさし
作りましたよ。中近両用。
これで晴ればれサクサク仕事もすすむ〜〜〜!!との期待もむなしく
なかなか敵もてごわい。
ちゃんと見られる範囲は狭く、両眼の端はゆるくカーブして見えるの。
手元も顎を引いて見なくちゃぼやけるし、なんだか酔っぱらいそう。
まだ2日目だからしょうがないのかな?
慣れるのかな〜〜〜。

若いうちは、悩みや迷いに振り回され
不惑を過ぎると、肉体の不具合に嘆くなんて
いい瞬間がないじゃない!
と、雲一つない晴れた朝に吠えるなり。


by koyopab | 2016-06-05 10:14