佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

室蘭にある円形校舎の旧絵鞆小学校。

b0351386_08544266.jpg
パソコンの画面越しに見つけた一枚の写真に心がとまった。
なんだろう、こんなに美しい風景があるんだ。
目を移して、文字を眺めると、珍しい円形校舎の保存のための活動があると書いてあった。
工場群の夜景が美しいと評価が上がる室蘭に、もう一つ、こんなに美しい景色があったとは。。

カメラマンの関浩勝さんの「校舎の全ての明かりを灯して撮影をしたい」という願いが叶って撮影された一枚。。
閉校直前の去年の三月、前日の強風で、木々の葉が全て落ち、くっきりと校舎が表れたという幸運な一枚でもあるそう。
そして、名残雪。
1950年代に一時、ブームになった円形校舎の使い勝手はあまり良くなかったと、同窓生は口々に欠点を語るという。
けれど、全国的にみて、2棟続きの校舎が使用可能な状態で残っているのはここだけとも。

今回、市民グループの「蘭歴建見会」の三木さんからいろんなお話を伺い、室蘭に歴史的価値が高い建造物が多いこと
その反面、そのことを全く意に介さずに取り壊されていく建物が多いことを知った。
そう教えられて、中央町の元アーケード街を歩くと、いやはや、ほんとうに趣深いものがある。
商店街の駐車場に車をとめて、ぶらりと歩くと鉄の町のもう一つの顔に出合えそう。

by koyopab | 2016-04-28 09:27