佐々木小世里の「ちょっとだけ弾んでみる?」

koyopablo.exblog.jp

希望がありました。

b0351386_05455373.jpg
昨夜は札幌のジャズピアニスト福居良さんのお通夜でした。
ト音記号や音符を表現した花の祭壇はとっても素敵でした。
とても、とてもたくさんの方達がお別れに来ていました。

式の後半では福居さんが師と慕っていらしたハリー氏の演奏の贈りものがニューヨークから届きました。
その後、福居さんの背中を追ってきた札幌のジャズメンたちの演奏があり
その中の一曲は福居さんが育てようとしていたという、こてつ君がトランペットで「morning」を奏でました。
こてつ君は5、6歳かしら?でも、りっぱに大勢の聴衆の前で役目を果たしました。
希望が見えました。

大きな大きな拍手が響いた式でした。



by koyopab | 2016-03-18 06:03